TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめスパイコメディー映画10選 敵もバカである。

スポンサーリンク

スパイ映画は人気ですね、アクション、ミステリーでもそれぞれ10作選べます。

今回は「コメディー」です。

真剣だからこそ笑える。

 

1.スパイ

バカです。

 

おすすめというか、おすすめではないです。

スパイ映画という大掛かりなコントですね。

なのにこの金のかけようはなんなんですか。

吹き替えがおすすめです。

 

2.ブラック&ホワイト

スパイの無駄遣い。

 

最高のエージェント二人が同じ女に二股をかけられる。

怒った二人は組織を完全に私物化して戦い始める。

いい加減にしろって言いたくなるような軽い感じです。

まーでもイケメン、いい女、ご覧ください。

 

3.ジョニー・イングリッシュ

ミスタービーン、スパイになる。

 

5秒に一度バカをやる。

日本ではしゃべる彼を見る事は少ない。

他の映画と比べてかなりしょうもない。

でも、それがこの映画ならではの面白さ。

 

4.ゲットスマート

よくある設定をバカにした、いや、しつくした。

 

おバカ映画なのにキャストが豪華。

本物のスパイ映画が撮れたのではないでしょうか?

おバカな主人公が有能なスパイに囲まれているのがいいですね。

それでもチャンスをつかむべく、ひたすらベスト(バカ)を尽くす。

 

5.アイ・スパイ

おバカが二人。

 

スパイ道具が満載。

理想を目指す男、あとは巻き込まれた男。

二人もいるとドタバタ感が二倍。

エンドレス、ドタバタ。

 

6.Mr&Mrs スパイ

v

似たタイトルだけど、違いますので。

 

ワンダーウーマンで大人気のガルガドットが観れる数少ない映画。

しかもアクションなので映えます。

最近では男は役立たずという設定が多いようですね。

その辺の時代の変化も見てみると面白いです。

 

7.スパイ・タイム

正統派スパイコメディー。

 

今回ご紹介する中での「大本命」です。

凄腕スパイの父親、とその息子。

急にスパイの世界に入ってしまった息子のリアクションは「観客」と同じ。

つまり「観客がスパイ映画に飛び込むとこうなる」という映画です。

 

8.エージェント・ウルトラ

厳密にはスパイ活動はしていないけど・・・

 

予告が面白そうすぎる。

そのため本編でがっかりした人が多いようだけど、実は面白いです。

そして以外とマジなメッセージも込められている。

期待しすぎないで見ましょう。

 

9.レッド

かつてのスパイたちの老後。

 

リタイアしたスパイたちが危険だと判断したCIA。

では消してみましょうという発想。

バカっぽいけど最高。

映画好きならこの顔ぶれだけでテンションが上がります。

ジジイだと?

  

10.キャプテンウルフ

最高の諜報員に課せられた任務、お守り。

 

ネイビーシールズ出身の彼が国家の危機を守る。

そのために家族を守る。

そのため送り迎えをして、オムツを替えて、お話を読んで聞かせる。

おバカ設定ですが、家族っていいよね。

 

まとめ

 日本版予告が少なくて申し訳ない。

おバカなスパイ映画って映画好きなら二倍面白い。

「あの映画のパロディー」とか「よくあるシーン」とか。

しかしスパイものって多いですね。

女性と見るのにもオススメです。

 

 

【スポンサーリンク】
プライバシーポリシー