TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

最近見た映画をサクッと紹介コーナー

スポンサーリンク

サクッと紹介していきます。

あまり、あたりはななかったです。

 

インサイド

イライラしたい人、劇場へどうぞ。

もう「なんでもうしないのかな」ということのオンパレード。

追う方も追われる方も下手くそ。

 

ワイルドスピード アイスブレイク

規模が大きすぎて若干ついていけない。

最強ハゲ大集合。

潜水艦好きとしてはちょっと物足りなかった。

 

サイレン

久しぶりに大外れ。

意味不明、タイトルも、ジャケットも。

あの悪魔女は「V/H/S」の短編集でいたような気がする。

 

ザ・ドア

ミケルセンファンなら楽しめる作品。

ちょっとしたSFスリラーなのに映画いているのが日常という構造は良い。

タイトル頑張りましょう、かな。

 

ゾンビスクール

学園ゾンビ映画。

学校にある道具でなんとかしましょう。

ホラーコメディーです。

 

マッドダディー


大人の心の叫び。

子供への嫉妬、妬みを一度爆発させてしまった。

原因や何かの説明は一切なし。

 

デイオブザデッド

王道ゾンビ映画。

主人公が可愛いのでギリギリ耐えられます。

パンデミック系ゾンビ映画です。

 

シー・ノー・イーヴル2

アマゾンプライムでホラーを探してであった作品。

いきなり2でしたが、1も模様と思いました。

おバカ騒ぐ系スプラッター映画です。

 

エスター

これは凄まじかった。

サイコパス女のとんでも所業だけかと思ったら。

ラストの思いがけない展開に拍手喝采。

 

トライアングル

ジャケットがあまりにB級で不安でしたが悪くない。

同じ時を何度も体験する「ループ系」映画。

ここでループを断ち切りなさいよ!と叫びたくなる。

 

真実の行方

評価が高い理由がわかりました。

主人公のみが信じている犯人の無実。

そこからのじわじわくる展開と絶望の「真実」。

 

コレクター

後味悪い系。

洗脳された人を見るのは非常に腹立たしい。

アメリカって結局親子関係不得意なんだよね。

 

ワイルドカード

はい、ありがとうございます。

ちょっと変わった設定にしようとしてましたが、大丈夫です。

最強です、最高です。

 

まとめ

B級ホラーに挑戦した期間でしたね。

来月からは映画館で見たい映画が目白押しなので楽しみです。

 

【スポンサーリンク】
プライバシーポリシー