TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめパロディー映画10選

スポンサーリンク

おふざけ全開のパロディー映画はヒット作満載のオムニバスアルバムのようです。

知っていれば知っているほど面白い。

 

そのアホさを楽しみましょう。

 

1.最終絶叫計画

「スクリーム」は見ておいてください。

 

パロディー映画といえばこれ。

日本では4作目まで出ています。

映画を見えてれば見てるほど面白い。

スクリーム、ラストサマー、エクソシスト、シャイニング、ブレアウィッチプロジェクト、恋に落ちたシャイクスピア、シックスセンス、グリーンデスティニーなど。

 

ホーンティング、エクソシスト、13日の金曜日、ハリーポッター、チェンジリング、エルム街の悪夢、タイタニック、ツイスター、ポルターガイストなど。

リング、サイン、ロードブザリング、マトリックス、アザーズ、8マイル、エアフォースワンなど。

ソウ、宇宙戦争、ビレッジ、呪怨、ミリオンダラーベイビーなど。

 

2.ほぼ300

新しい「ほぼ」シリーズの誕生。

 

一つの作品を軸に表紙まで似せてきました。

とにかく意味不明な笑いの連続。

ゴシップネタも多めです。

 

 

 

3.パージなナイト

けっこうゆるい。

 

いろいろ詰め込みすぎて中途半端なジャケットになってますね。

がちゃがちゃしてますが全体の雰囲気は悪くないです。

元を知らなくても楽しめますが、見てからの方が数倍楽しめます。

 

4.ワイルドなスピード アホミッション

けっこうかっこいい。

 

ワイルドスピードをめちゃくちゃにしています。

しかしそれは好きだからこそ。

手の届かなかったツッコミを見事にしています。

予告もしっかりできすぎ。

 

5.アホリックス

けっこう頑張ってます。

 

才能の無駄遣い。

こんなに一生懸命ふざけれることに脱帽。

マトリックスと同年公開のファイトクラブも混じってます。

このリローデットは関係のない作品ですので注意。

 

6.ドラゴンタトゥーな女

詰め込んでみました。

 

とにかくストーリー度返しでパロリまくった作品。

表紙も一瞬見間違い・・・はしないか。

新し目の作品多めなのがいいですね。

ドラゴンタトゥーの女、リンカーン、パラノーマルアクティビティー、デビルインサイド、ダークナイトライジング、ブラックスワン、アンダーワールドなど。

 

7.メンインバカ

ガンダムファン必見。

 

声の出演でアムロの古谷徹さんが出演。

ガンダムで聞いたことあるようなセリフがバンバン出てきます。

後半は「ミラー捜査官!いきまーーーす!」と言っちゃってます。

 

8.羊たちの沈没

「羊たちの沈黙」と「サイコ」がメイン。

 

とにかく表紙がふざけてますね

内容もほぼないにもかかわらず「遊星からの物体X」や「グレムリン」などの有名監督がカメオ出演してます。

羊たちの沈黙、サイコ、アダムスファミリー、エクソシスト、スリラー、ポリスアカデミー、ターミネーターなど。

 

9.トロピックサンダー

お金かけて作りました。

 

リアルな映画を作るために俳優を本物の戦場に送り込む。

ベトナム系戦争映画のパロディーが多いです。

しかし、出演者が豪華。

 

10.ハングオーバー・ゲーム

表紙のクマは「テッド」ですね。

 

お酒を飲みすぎて起きたらハンガーゲームに参加していた。

もちろんだけどこの作品もとにかくくだらない。

けど笑えるとの情報もあります。

ハングオーバー、ハンガーデーム、キャリー、テッド、パイレーツオブカリビアン、テッド、デスパレートな妻たちなど

 

まとめ

 

実は玄人向けなジャンルですね。

映画を見てれば見てるほど面白い。

何のパロディーがあるか探しつつ気楽に見れます。

 

 

【スポンサーリンク】
プライバシーポリシー