TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめ(マッドマックスみたいな)荒廃した世界を描いた映画10選

スポンサーリンク

荒廃した世界。

それは現在の僕らが第三次世界大戦や核戦争が起こったらと考えてしまうからこそ描かれる題材です。

 

簡単い言うと「こんな未来は嫌だ」という未来です。

「ディストピア」との違いは「大都市」かどうか。

ディストピアはある意味では成長なのです。

今日紹介するのは荒野のような世界観を描いた作品です。

 

もしそうなってしまった場合、人類はいかに生きるのだろうか。

 

1.マッドマックス 怒りのデスロード

荒廃した世界観=この映画

 

マッドマックスの続編というか再構築編。

「水」「ガゾリン」「弾薬」が金になる。

改造された車が見もの。

この時代に生きることになったら大変だ。

 

2.ターボキッド 

この「マッドマックス感」がたまりません。

 

青春スプラッター映画。

どこまで真面目に作っているのかわかりません・・・

でも面白い。

音楽といい世界観といい、ぶっ飛んでる。

 

3. ザ・ウォーカー

彼は歩く、世界を変える本を持って。

 

なぜ「本」なのか。

日本ではほんの正体を知っても「それだけ?」となりますが、向こうでは違います。

わかりやすく言うと、三種の神器ですかね。

オチに納得いかない人も多いですが、世界観はすばらしい。

 

4.ウォーターワールド

世界は沈んでしまった。

 

温暖化で氷は全て解け、海面が上昇。

しかも海水だから飲み水にならない。

そしてみんなは「陸」を目指す。

海版マッドマックス。

 

5.ゾンビマックス! 怒りのデスゾンビ 

マッドネスホラーっていいネーミングですね。

 

傑作かどうかは問題ではないんです。

完全に狙ってきてますからね。

クレイジーに準備してマッドに戦う。

 ストーリー?ないですないです。

 

6.マッド・スピード

 

「マッドマックス」を作ろう。

 

どこからどこまでマッドマックスなのか。

全部です!

このクレイジーな感じとサバイバル。

さらに感染パニックもプラスしてみました。

 

7.デスレース 

狂ったレースをするんだよ。

 

世界は崩壊していないが、金持ちが世界を壊す。

刑務所の中でのレース。

負けは死ぬのだ、勝ったら釈放。

ステイサムなので安心してみれます。

 

8.バイオハザード3

特にこの「3作目」がおすすめ。

 

ガソリンや食料を探してひたすら旅をする。

そしてラスベガスは砂漠になっていた。

襲う前に「ワーー!!」って脅かすゾンビが律儀。

足手まといは危機をもたらす良い例です。

 

9.ドゥームズデイ

無法地帯は暴力で埋め尽くされる。

 

女戦士が暴力外で薬を探す。

入り込んで行くとそこには新たな秩序ができていた

アドレナリン大放出のマッドアクション映画。

イカれたメイクが最高です。

 

10.ザ・ロード

ザ・ウォーカーと間違えそう。

 

ジャケット、内容、タイトルが似ていますね。

切ない親子の長い長い物語。

幸せ感が増すほどその後の絶望も増えます。

ただひたすら「南」へ。

 

まとめ

 

この絶望感が丁度いい時がありますよね。

道の途中で見つけたスーパーマーケットではしゃいじゃう感じとか最高です。

ラストは「完全な絶望」か「希少な希望」か。

ディストピア映画もそのうちお勧めします。

 

人類が消えた世界に興味があればこの本もおすすめです。 

 

番外編

 映画の資金をほぼすべて「メデューサ号」を作るのに費やした作品。

マッドマックスに出てくる車です。

火炎放射器も作りますが内容は全然違います。

 

 

【スポンサーリンク】
プライバシーポリシー