TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめ家が呪われてる系ホラー映画10選

スポンサーリンク

海外のホラー映画では「家」自体が呪われているものが多いです。

しかも大きくて必ず地下室と屋根裏があります。

この地下室か屋根裏がとにかく怪しくて危険。

 

「行くなよ!」と何回突っ込んだことか・・・

 

ただ、この設定の映画はものすごく多いです。

 なので「死霊館」や「インシデント」「呪い襲い殺す」などの有名どころ除外しています。

 

そんな怖い家の雰囲気を楽しめる映画を紹介します。

 

1.フッテージ

引っ越したらやばい家だった。

 

屋根裏の8mフィルムに映ってたのは殺人の映像だった。

謎解きのようなホラー映画。

こんな家に家族で、しかも子供と住みたくないですね。

主人公が作家だったのがダメだったんですね。

 

2.シャイニング

家呪われてる系の王。

 

実際に家が何かすることはありません。

ただ、前任者が気をおかしくして家族を殺したとか。

そんなの平気ですと家族でやってくる。

すると、日に日におかしなことになっていく。

 

3.ウーマンインブラック 亡霊の館

 

不気味な館に住む勇気はありますか

 

孤島の館、満ち潮では道が遮断される。

予告編は音楽で台無しですね。

少しずつ心も侵食されていく。

暗くて最高な雰囲気です。

 

4.悪魔の棲む家

主人公がムキムキ。

 

よくある田舎の巨大な一軒家。

くらい過去があったが夫婦は住むことに。

「家は人を殺さない」と主人公。

子供の想像の友達は100パーセント霊。

 

5.サイレントハウス

見所は胸です。

 

主人公のエリザベスオルセンしかほぼ映りません。

かので彼女がダメな人にはおすすめできません。

ワンカットで描かれる恐怖。

観客は主人公と同じ情報量となります。

 

6.ミラーズ

これだから警備員にはなりたくない。

 

巨大な廃墟なのに毎時間見回るという仕事。

鏡だけが異常に綺麗。

調べると浮かび上がる歴史。

子供の想像上の友達は100%、霊。

 

7.ゴーストハウス

古いカカシを見つけたら、やばい。

 

田舎で電波もない。

そして徐々に怯え出す家族。

危険な出来事も娘の戯言だと処理されるにもよくあること。

田舎っていいことばかりじゃない。

 

8.喰らう家

めっちゃ実態が現れる。

 

ジャケットがいただけないですね。

除霊師という怪しい友人が「この家にはどこにでもいる」と。

街で知ったのは「30年ごとに起こる悲劇」の話。

街の人は知っていたのだ。

 

9.ダークハウス

ふざけて降霊術をするもんじゃない。

 

霊がサーモグラフィーに映ってしまった。

駆けつけた警察にあったことを説明するが、信じてもらえない。

消えた友人はどこへ行ったのか。

悪魔で遊ぶとこうなる。

 

10.ホーンティング

ホラーというよりファンタジー。

 

大きな館の暗い雰囲気万歳な映画。

豪華な出演者なのでホラーが苦手な人にもおすすめ。

奇妙な家の構造や出来事。

この家は生きてる。

 

まとめ

 

幾つかの法則が見つかりましたね。

「やっと手に入れた家」

「子供の想像上の友達は霊」

「鏡には何か映る」

「逃げられない」

ですね。

見終わったと一人でシャワーに入れますか?

 

 

【スポンサーリンク】
プライバシーポリシー