TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめディストピアを描いた映画10選(メジャー編)

スポンサーリンク

「ディストピア」とは「ユートピア」の真逆の世界のことです。

ユートピアは理想郷です。

なのでディストピアは暗黒郷です。

 

「一見平等で争いのない世界に見えるが、表現の自由がなく洗脳された世界」

 

マイナスイメージに進んでしまった未来。

それがディストピアです。

 

1.カレグラン

社畜と家畜の鬼畜映画。

 

冷たいアスファルトのような質感と感情。

ディストピアらしい「管理する側」と「去れり側」が明確に分かれています。

人肉加工工場で働く女性が自殺した。

そりゃそうだろう。

 

2.アイランド

クローン万歳な社会。

 

選ば人は理想郷の「アイランド」へいける。

それは殺されるということだった。

なので逃げ出した二人は全社会を敵に回す。

割とアクションなディストピア映画。

 

3.ゼロの未来

皮肉満載。

 

街に溢れる広告、人、看板。

「ゼロ」を解明する少年のような主人公。

仕事がまるでゲームのようである。

最後には意味不明になること間違い無し。

色鮮やかなタイプのディストピア。

 

4.ロストエモーション

感情のない世界、戦争のない世界。

 

監視社会とは民衆が監視し合うこと。

自分以外は全員警察なのだ。

感情は罪であり感染する。

オブリビオンをガンカタなしで描いたような作品です。

 

5.ギヴァー記憶を注ぐ者

毎日注射が必要って、最低。

 

自由が全くない、全ては管理される。

仕事は任命される。

「ギヴァー」とは記憶を管理する者、そして色を持つ者。

ディストピエで自由とは戦争と同義語である。

人は争うようにできているのか。

 

6.ハンガーゲーム

貧困層を戦わせて富裕層が戦う。

 

24人で殺し合うゲームが始まる。

その模様は中継されエンターテメントとなる。

しかし、そんな中から反撃の狼煙は上がる。

やっぱり金持ってクズですよね。

シリーズが続く人気作品です。

 

7.TIME

25歳で時間は止まる。

 

残りの人生の時間が通貨になる、もしなくなったら「死ぬ」。

貧困層の平均は25歳になったら残り2日。

仕事をしてぎりぎりでやりくりしなくてはいけない。

富裕層は永遠に生きられる。

親もおじいさんもみんな25歳という摩訶不思議な世界。

 

8.ワン・ポイント・オー

時代設定は不明。

 

企業の陰謀を描いたアンダーグラウンドディストピア。

みんなが恐れるのはウイルスの感染。

難解ではあるが考えれば考えるほど面白い。

マトリックスのようなむき出しのコンピューターがかっこいい。

 

9.トータルリコール

地球貫通してます。

 

どうしようもない人生の主人公。

なので他の記憶を見てみるゲームをしようとしたら途中で襲われる。

これはゲームの中か、本当の世界か。

ゴリゴリなSF世界と未来感の洪水です。

手の中に電話埋め込んじゃいますからね。

 

10.レポゼッションメン

臓器売買が合法化。

 

人工臓器をローンで買うのが普通になった未来。

もちろん値段がバカ高いので支払いができない人が続出。

滞納者の臓器を回収する仕事の主人公。

しかし、事故で自ら人工臓器を入れられてしまったらさー大変。

オチはそれかーーいと叫びたくなります。

 

まとめ

そもそもSF映画、近未来映画はディストピア映画と=なんです。

なので絞るのは大変ですが、今回は対策じゃないのを選んでみました。

世界の成れの果てを楽しみましょう。

 

【スポンサーリンク】
プライバシーポリシー