TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめドラマ化された映画10選&期待される作品

スポンサーリンク

最近の海外テレビドラマはオリジナルストーリーではなく映画のドラマ化が増えています。

もちろん、すでに映画のファンである人が大勢いますからある程度の視聴率が見込めるのでしょう。

逆にNetflixなどのVODではオリジナル作品で顧客を増やしています。

 

好きな映画のドラマ化は良いのか、悪いのか。

チェックしてみましょう。

 

1.スリーピーホロー

ダークファンタジーの傑作。

 

 全米視聴NO1を叩き出した成功作。

この作品がなければ他のドラマ化もなかったかもしれない。

一話完結の見やすいストーリーと大きなストーリーが入り乱れるので楽しいです。

第4シーズンまで出てます。

 

 

2.12モンキーズ

頑張ってシーズン2までみましょう。

 

過去へ行って人類の滅亡を阻止しようとする。

でもそれを過去の人は知っているのだろうか。

シーズン1で落胆した人も多いとおもいます。

でも頑張ってシーズン2まで見るとだんだん良くなってきます。

 

 

3.ハンニバル

ミケルセなら、許す。

 

ファンというか信者の多い傑作。

不気味な雰囲気と奇妙な音の演出でグイグイ引き込まれます。

ドラマだからこそできる緻密な会話の心理戦が面白い。

大丈夫です、劣っていません。

 

 

4.ファーゴ

同監督によるドラマ化。 

 

同じ世界観で描かれているこのドラマ。

シーズン1が2006年、2は1979年、3は2010年。

ちなみにシーズン4は2020年の設定になるようです。

1では映画とつながるシーンがあるので探してみてください。

 

 

5.エクソシスト

首が回るあいつのリメイク。

 

「一番怖い」と賞賛されている傑作ホラーのドラマ化。

一番怖いと言っても当時の演出では今の人は多分ビビりません。

でも、それをリメイクしてくれのならどうなるんでしょうか。

その恐怖に期待大です。

 

 

6.サイコ(ベイツモーテル)

サイコの前日章。

 

猟奇殺人のサイコスリラーの傑作「サイコ」。

主人公ノーマンの少年期の話から始まるストーリー。

シーズンをかけてじっくり描かれています。

これがサイコキラーの覚醒だ。

 

 

7.オーメン

悪魔の誕生。

 

養子にもらったダミアンは墓前で微笑む。

そんなダミアンがアラサーになった世界はどうなるのか。

こちらもドラマ化ではなく同じ世界観でのはなし。

映画で「このこが世界を滅ぼす」と言っていた未来はどうなっているのか。

 

 

8.マイノリティーリポート

未来の事件を阻止する。

 

映画の11年後。

部署は解体されなくなり、予知していた子供は記憶を消された。

しかし、その能力を欲する人たちはいる。

刑事とともにどう行動するのか。

 

9.スナッチ

超高速テンポのクライムアクションをもっと見よう。

 

映画が超超豪華な顔ぶれだったが、こちらも負けていません。

映画だと二転三転・・・くらいでは済まなかった。

ドラマではどうなってしまうのか。

あまり期待値を上げずに楽しましょう。

 

10.96時間

 96時間が何週間にも感じる。

 

娘を拉致された元CIAのお父さん。

その経験と頭脳で巨大な組織に立ち向かう。

「24」のようなぎりぎりかんが楽しめるはずです。

映画も三部作なのでドラマも続きそうですね。

 

まとめ

 

期待している作品もありますが、原作が好きだとどうしても減点方式を採用してしまいそうです。

そんな時は頑張ってシーズン2まで見る。

すると世界観を受け入れれるようになる(こともあります)。

個人的にはファイトクラブの原作者チャックパラニュークの小説「サバイバー」のドラマ化に期待しています。

 

予定されている、検討されている映画のドラマ化。

こちらは期待しないで待ちましょう。

 

女性版ナイスガイズ

エターナルサンシャイン

ウォッチメン

レギオン

ラッシュアワー

スナッチ

Uボート

パージ

コンドル

ロストボーイ

リミテッド

ディパーテッド

アメリカンサイコ(続編ドラマ)

 

 

 

 

【スポンサーリンク】
プライバシーポリシー