TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめピエロが怖いホラー映画10選

スポンサーリンク

最近ネットでも話題位になっている「ピエロ恐怖症」を聞いたことがありますか。

英語では「コロルフォビア」と言われあのジョニーデップも苦しんでいるようです。

 

理由は様々ですが、映画が原因の場合も多いではずです。

 

ではそんな恐怖症の原因になりそうな映画を紹介します。

 

1.IT

 

恐怖の原点

 

 道化恐怖症の言てとも言えるのがこの作品。

他の「ピエロホラー」と違うのはピエロが優しそうなところ。

でも「絶対におかしい!」と思わされると恐怖が沸き起こります。

リメイク版ほピエロはしっかりと怖いピエロになっています。

そちらの予告もどうぞ

 

 

2.クラウン

ピエロの新たな解釈

 

子供を喜ばせるためにピエロの格好になった父。

しかし、それはただの「衣装」ではなく「皮膚」だった。

ピエロという存在を徹底的に悪者にした現代的なストーリーです。

そして心まで蝕まれていく。

 

 

3.気狂いピエロの決闘

ピエロの格好でおこなわれる血みどろの決闘。

 

内容が結構えげつない。

ストーリーとしてはサーカス内での三角関係。

美女を巡って片方はDV野郎で片方は思い込み激しい君。

ピエロのままで巻き起こるバイオレンス。

 

 

4.鮮血ピエロの惨劇

ジャケットが最高。

 

見知らぬ贈り物は非常に危険です。

実際にピエロが暴れ回るわけではないのですが、怖いです。

贈り物のモチーフがピエロってだけで不気味さが何倍にも増します。

「ソウ」的なゲーム系ホラーですね。

 

 

5.道化死てるぜ!

 

タイトル思いついた人に拍手。

 

いけてる奴らに復讐だ。

ダメダメピエロがいたずらで起こされてしまう。

しかし、復活してそれ以降は陽気な復讐劇だ。

とにかくタイトルがいい。

 

 

6.デスバーガー

パワー系ピエロの殺人。

 

逃げ叫ぶ女子高生と追うピエロ。

結構スプラッター要素もありますね。

笑いを取らないのでピエロ感はちょっと薄いです。

悪い子にはお仕置きだ。

 

 

7.31

生き残れ。

 

ピエロの格好をした殺人集団から生き残れ。

陽気なサバイバルホラー。

ピエロ感若干薄めではありますが、種類は豊富です。

とにかく血が噴き出します。

 

 

8.キラークラウン 血の惨劇

表紙のピエロは出てきません。

 

田舎町で起きた猟奇殺人事件。

夢に現れて死の時間を予告していく。

現れると消費抜けするかもしれませんが、怖いシーンもあります。

B級ですので、あしからず。

 

 

9.マーダー・ライドショー1&2

迷い込んだらショータイム。

 

給油ついでに不気味な館へ寄るとそこには「エドゲイン」などが展示されていた。

その中に「ミスターサタン」がいて興味を惹かれる。

ミスターサタンなんてとんでもない名前だ。

変な格好の人をヒッチハイクするなんてどういう神経ですかね。

 

 

10.ダークナイト

忘れてはいけない。

 

「ピエロ」と言っていいかわかりませんが、この人もいます。

道化を一層怖いキャラクターへお仕上げた作品。

マフィアと渡り歩く姿がイカれててかっこいいですね。

「悪」がいるのは「正義」がいるからだ。

 

 

まとめ

 

怖いホラー映画に「陽気」さと「不気味」さを足すのがピエロの仕事。

あと「猟奇的」な匂いもしますね。

チャールズマンソンというアメリカの殺人鬼がピエロの恐怖のもう一つの原点かもしれません。

今後もピエロ作品に要注意。

ハロウィンでも嫌われますので、気をつけて。

 

 

 

 こちらはかっこいいハッカー映画です。

 

 

【スポンサーリンク】
プライバシーポリシー