TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

映画「ア・ゴースト・ストーリー(原題)」が気になる 人は二度死ぬ

スポンサーリンク

気になるホラー映画「ア・ゴースト・ストーリー」はどんな作品なのでしょうか。

まずは予告を見てみましょう。

 

ア・ゴースト・ストーリー

 

うん、ホラーじゃないようだ。

 

監督:デヴィッド・ロウリー

出演:ケイシー・アフレック、ルーニー・マーラ

日本での公開は未定

 

ストーリー

 

夫婦が住んでいた田舎の家。

しかし夫がなくなってしまう。

夫はゴーストとなりその家に帰ってくる。

 

家に思い入れのなかった妻は引っ越し、他の人が住むことに。

 

ただ、その様子を見ている夫。

 

人は二度死ぬ

 

なくなった夫はコミカルな見た目のゴーストとなる。

しかし、その見た目とは裏腹に「悲しみ」の人間模様が繰り広げられる。

 

自分がいなくなったあとの世界を見ることはどういう気持ちだろうか。

一人になった妻を見る。

そしていなくなる。

他の家族が思い出の家に住む。

自分の記憶、痕跡が薄れていく。

この地上から、世界から自分という存在が消えるのを見つめる。

 

いつも恐怖として描かれる「霊」ですが、今回は違います。

 

よく「人は二度死ぬ、一度は命を落とした時、もう一度は忘れられた時である」と言われる。

その二度目の死を自分で見つめる。

 

まとめ

 

静かで悲しいストーリーのようですね。

「ドラゴンタトゥーの女」では芯の強い女性を演じたルーニー・マーラが印象的。

最近はレズビアンだったり幸薄系の役が多い。

それが似合うのでしょうね。

今回も悲劇のヒロインになってしまっています。

サンダンス映画祭で絶賛されたようですので興味を持った方は是非見てください。

ケイシーア・フレックのほぼ布をかぶっての「怪演」に注目です。

 

この映画が好きな人はこの映画もおすすめ

殺された女の子がその後の人生を見つめるニューマンミステリー

「ラブリーボーン」

愛する人が亡くなったけどゴーストになって帰ってくるラブストーリー

「ゴースト」

弟の初めての彼女は人形だった泣けるコメディー

「ラースと、その彼女」

 

監督の他の作品

 

 

【スポンサーリンク】
プライバシーポリシー