TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

映画「サイレントハウス」感想とネタバレ まさかのあのオチ!?

スポンサーリンク

久しぶりに良さそうな映画を見つけたので見てみました。

「連続する恐怖」いいですね。

 

サイレントハウス

 

 

暗いのが怖いからってシャッターを使うの禁止令。

 

 

まず、設定のネタバレで映画の80パーセントの楽しみがなくなります。

ので予告で気になったらとりあえず見てください。

 

あとエリザベスオルセンが好きじゃない人は見ないでください。

ほとんど彼女しか写りません。

 

彼女をかわいいと思う人は是非見てください。

 

 

この映画はホラーですが、ジャンルだと「ミステリー」に属すことが多いようです。

 

ストーリー

!ネタバレあり!

 

一軒家を売るために片付けに来た親子+父の弟。

以前、勝手に誰かが住みついたことがあったが警察に通報して解決。

片付け途中で変な物音がしたのでビビりながら父と探索。

 

父、いなくなる。

 

ビビる主人公。

すると血を流して気を失ってる父を発見。

どうにかして逃げ出そうとするが右往左往。

地下室からの脱出をはかり成功。

走って逃げるが謎の消える少女に遭遇。

命からがらで父の弟に遭遇。

勇敢な弟は「助けに行くぞ!」

「家には戻りたくない!」

「大丈夫だ俺がついてる!」

「いやだー!」

ですぐ家に戻ってしまう。

あえなく弟やられる。

が、この辺で謎の現象がまた起こる。

ビリヤード台での写真撮影。

人が増えてる?

終始ビビる主人公。

最後に椅子に縛られた父を発見。

 

しかーーし

 

 

なんと

 

 

 

犯人は

 

 

(もう気付いてる人もいますね)

 

 

 

 

 

犯人は主人公!

 

でました。

半人は自分。

このオチ。

 

自分が父に暴行されてたための多重人格+怨念。

父を撲殺。

 

 

感想

 

内容よりも大きなオチがあります。

それはこの映画が1カット(という設定)です。

つまりカット割りがありません。

カメラの切り替えがないんです。

なので上手に一つのカメラでいろんな角度を捉えています。

 

それが気になって気になって。

練習したんだろうな、とか。

ここでカメラマンも走るの大変だっただろうな、とか。

ここで素早く移動したんだろうな、とか。

あの間に裏で準備したんだろうな、とか。

 

そういう意味では面白かったです。

ただビビる主人公しかほとんど写りません。

 

ワンカットムービーとしてはおすすめです。

ラストがちょっとしっくりこなかったけれども。

 

この映画のキーワードは

ワンカット(長回し)

女優を見る(胸)

 

オチが全て

突っ込みどころ満載

 

悪くはないです。

せっかく外に出たのに戻っちゃうところがもやもやしますが。

是非、挑戦してみてください。

 

 

この映画が好きな人にはこちらもおすすめ

驚異の140分ワンカット映画

「ヴィクトリア」

女性が可愛すぎるホラー映画

「死霊の棲む森」

表紙振り返ってる系家がやばいよホラー映画

「ゴーストハウス」

田舎に引っ越してしまったホラー映画

「ハイドアンドシーク」

「サイレントハウス」のリメイク元の映画

「SHOT/ショット」

 

【スポンサーリンク】
プライバシーポリシー