TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめ冒険映画10選

今日は冒険映画を紹介していきます。

 

ジャングルの奥深く、謎の遺跡、古の儀式、蘇る想い、発動する罠、逃げる仲間。

苦難と友情とアドベンチャー満載の冒険映画をチェックしましょう。

 

何部作かのシリーズになってるのがありますので、それはまとめて紹介します。

 

 

1.ハムナプトラ(3部作)

 

 

地図を見つけたら探しに行くしかない。

 

これぞ冒険に必要なものがすべて詰まった冒険映画。

エジプトの謎を解くとき、古のミイラ(マミー)が蘇る。

原題の「マミー」ではなく「ハムナプトラ」にして大正解。

三部作ともしっかり楽しめる作品になっています。

この映画のリメイクが「ザ・マミー 呪われた砂漠の女王」と聞いていましたが、違いますね。

でも、どちらも楽しめます。

 

 

2.グーニーズ

 

 

見つけたのは地下の迷宮だった。

 

冒険映画の傑作です。

数々のトラップを掻い潜りながら財宝を目指す個性爆発の子供達。

おデブのチャンクがとにかく面白い。

スピルバーグの安定感と適度なハラハラドキドキ。

誰もが夢見た身近な冒険を体感しましょう。

 

 

3.インディージョーンズ(4部作)

 

 

変な村では猿の脳みそ食わされます。

 

リアル(なのか?)な大冒険映画のトップに君臨する映画。

目ん玉スープとか心臓素手で取り出すとか、けっこうグロい。

絶対に帽子を手放さないあたりがやっぱりクレイジーなんだなと思っちゃいます。

現在5作目を計画中らしいです、忙しいですねハリソンフォードは。

蛇とかハエとか、ゾワゾワする映像が満載です。

 

 

4.ナショナルトレジャー(2部作)

 

 

暗号を解き、歴史上最高の財宝を探し出せ。

 

誰もが信じなかった財宝を探すためにアメリカ最高の宝「独立宣言書」盗む。

それは財宝を奪うためではなく、守るためだ。

財宝を守るために宝を盗む、という大胆不敵なニコラスケイジ。

現代版の冒険映画の敵はテクノロジーですね。

仕掛けや罠もリアルになってきています。

 

 

5.センターオブジアーズ(2部作)

 

 

地球の地下には想像もできない世界が広がっている。

 

もうこれはアトラクション型冒険映画。

CGがじゃっかんあれですが、次から次へと何かが起こります。

ユーモアたっぷりで家族で観れるタイプの作品。

地底空洞説を調べると楽しいので是非検索を。

2作目では主人公が変わっています。

 

 

6.アデル ファラオと復活の密薬

 

 

女だって冒険する。

 

冒険ファンタジー映画で女性を主人公にした異色作。

妹のために秘薬を追い求める主人公。

しかし、他の勢力も黙っているわけではなかった。

女性が主人公ならではのユーモアもありますが爆発もちゃんとあります。

リュックベッソン監督がファンタジーを作るとこうなる。

 

 

7.キングオブエジプト

 

 

派手、迫力、大胆、ドッカンドッカン。

 

なんと言いますが、現代の技術はすごいなと思いますね。

どこまではCGなのかが想像もできません。

派手な映像で何も考えなくてもいい系です。

いつの時代も盗賊(下っ端)が活躍して王に立ち向かう話は盛り上がります。

当時のエジプトを再現した映像も見ものです。

 

 

8.ドラえもんのび太の大魔境

 

 

冒険を探したのび太が見つけたのは雲に覆われた人類未踏のジャングルだった。

 

ヘビースモーカーズフォレスト、雲の晴れないジャングルには想像もできない世界があった。

ドラえもん映画の中でもけっこうピンチになる回です。

しかも「冒険なんだから道具は使わない」と言って出発したので、ないんですよ。

あの植物改造エキスで作った木の実のご飯は美味しそうなんだよな。

歌がすごくいいので泣けてしまいます。

 

 

9.トゥームレイダー(2部作)

 

 

超絶アクション冒険映画。

 

冒険ものでここまでアクションがかっこいいのも珍しいですね。

惑星直列ってワードは当時けっこうブームでした。

今回は財宝を探すだけではなく正解も救ってしまいます。

ひたすらアンジェリーナがかっこいいです。

 

 

10.タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密

 

 

あれ?実写?

 

ヨーロッパでは大人気のコミック(絵本)「タンタンの冒険」のCG映画。

途中で「実写だったっけ?」と思ってしまうほどリアルな瞬間がある。

船で、飛行機で、車で大暴走で大冒険。

気になるのはタイトルなのですが「TINTIN」なんですよ。

これを訳すとき「チンチン」はちょっとなーって思ったのか「タンタン」になってます。

これ「ティンティン」だと思うのは僕だけでしょうか。

 

 

まとめ

 

冒険ものは深く考えずに見れるところがいいですね。

しかも人気が出やすいので続編が作られることも多い。

他にもエジプト系映画もいっぱいあります。

なのでピラミッドとか歴史をちょっと掘り下げつつ見ると最高に面白いです。

 

 

 


今すぐ見る