TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

2017年公開の気になるホラー映画

2017年注目のホラー映画をまとめてみました。

 

バイバイマン

2017/7/8 公開予定

 

f:id:TETSUGAKUMAN:20170728152916j:plain

 

言うな!考えるな!言うな!考えるな!言うな!考えるな!

 

ツイッターでバイバイマン公式がものすごく頑張っています。

話題も集めていて、劇場で是非とも見てみたいです。

都市伝説系が海外では流行っているようですね。

この「大人達はわかってくれない感」がたまりません。

名前を知ってしまったあなたも、狙われる。

言わない!考えない!

 

 

ゲットアウト

2017/10/27 公開予定

f:id:TETSUGAKUMAN:20170728152936j:plain

 

異色の人種差別系ホラー映画。

 

現在注目度NO1。

やっと日本での公開も決まり一安心。

黒人差別感がプンプンする場所でどうリアクションするのか。

予告には載ってないが仮面の騎士らしき人がポスターに写っている。

どんでん返し系なのだろうか。

 

 

アナベル 死霊人形の誕生

2017/10/13 公開予定

f:id:TETSUGAKUMAN:20170728152956j:plain

 

実在する人形の誕生秘話。

 

人気シリーズ「死霊館」のスピンオフ「アナベル」の前日章。

映画では非常に不気味な人形なのですが、実物はけっこうポップです。

しかし、なんとなく画像を載せたくないので各自で検索してください。

アメリカでも井戸は邪悪な存在になってきましたね。

公開日が13日の金曜日ですよ、洒落てます。

 

 

ウィッチ

2017/7/22 公開予定

f:id:TETSUGAKUMAN:20170728152926j:plain

 

宗教観で描いているが家族をテーマにした映画。

 

日本でも少なからずありますが、海外では「森」って恐怖の対象ですね。

あと「山羊」は邪悪なものの象徴です。

「象徴」や「伝説」が色濃い時代。

「真実」が見えづらいとこうなってしまうんですかね。

ダークファンタジーなホラー映画。

でも意外と優しいラストなので是非見てみてください。

 

 

ジグソウ ソウ:レガシー

2017/11/10 公開予定

f:id:TETSUGAKUMAN:20170728152947j:plain

 

伝説はまだ、終わっていなかった。

 

一作目は傑作密室ミステリー映画。

しかし、その後はスプラッター映画である。

全てを見るとジグソウという人物を追うことができるのがこの作品のいいところ。

さて、今回はどういった展開と苦痛が待っているのでしょうか。

絶対体験したくない系映画ですね。

 

 

スレンダー 長身の怪物

2017/7/15 公開予定

f:id:TETSUGAKUMAN:20170728152952j:plain

 

アメリカでメジャーな都市伝説「スレンダーマン」映画化。

 

スレンダーマンはその名の通り細くて長身だ。

走ってきたり、強い顔をして襲ったりしない。

ただ、見つかると、死ぬ。

絶対に、例外なく、死ぬ。

そしいぇカメラにしか映らない。

じゃあカメラ消したらどうなるの?

 

 

ラプチャー 破裂

2017/6/3 公開予定

f:id:TETSUGAKUMAN:20170728152919j:plain

 

荒治療にもほどがある。

 

アメリカの嫌なところって道で人に助けを求められないってところですね。

拉致監禁され、最悪の体験をさせられる。

僕だったら毛虫ですかね。

考えただけで死にたくなります。

さて、何が破裂するのでしょうか。

 

 

ジェーンドゥの解剖

2017/5/20 公開予定

f:id:TETSUGAKUMAN:20170728152932j:plain

 

名無しの権兵衛さん=ジェーン・ドゥ

 

死体の解剖から始まる恐怖。

予告ではストーリーなどの情報は読み取れない。

死体から出てきたのは・・・花?

グロの要素もあるので注意してください。

 

 

イット

全米公開2017/9/8

日本公開未定

f:id:TETSUGAKUMAN:20170728152944j:plain

 

世界を「ピエロ恐怖症」に落としいれたあいつが帰ってくる。

 

暗いところを長時間覗くんじゃない。

超話題作「IT」をリメイク。

前回はピエロらしいピエロでしたが、今回はけっこう凝ってます。

子供達には最恐映画になるでしょう。

 

 

 

 

 

なかなかいい感じの作品が集まっています。

是非とも劇場で観たいのです。

しかし、地方にいると公開期間が短かったりするので見逃さないよう注意です。