TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめ巨大モンスター映画10選

スポンサーリンク

今日は「巨大モンスター」のでてくる映画を紹介いたします。

最近では日本生まれの「怪獣(KAIJYU)」が世界的にも認知されてきてます。

 

一種のジャンル映画として人気もある「巨大モンスター映画」。

定番を押さえつつ新し目の作品を紹介したいと思います。

B級作品は別の機会に紹介します。

 

そういえば、新しいアメリカ版「GODZILLA」の公開も楽しみです。

 

では見ていきましょう。

 

 

1.キングコング 髑髏島の巨神

 

 

人類が最弱。

 

ベトナム戦争終結の直後、未発見の島へ行く。

到着そうそうに巨大な猿、キングコングが現れる。

しかし、もっと怖いのは地下から這い出てくるトカゲモンスターだ。

そのた巨大蜘蛛に巨大水牛に、もう大変。

シンプルに巨大モンスターを楽しめる。

音楽も陽気、深く考えなくてもいい安心できる作品です。

くわしくはこちら

 

 

 

2.パシフィックリム

 

 

エヴェンゲリオンをハリウッドが作るとこうなる。

 

巨大モンスターVS巨大ロボ。

どつき合いでバトル。

日本人も多数出演しているし、モンスターではなく「カイジュウ」と呼ばれている。

問題は巨大ロボも操縦。

現代の想像力ではそうやって操縦するのか。

もう「中で人がそのまま動いて操縦する」んです。

 

 

 

3.トレマーズ

 

 

モンスター映画といえばこれ。

 

それは突然、地下からやってきた。

地中を自由自在に動くから逃げ場がない。

巨大なミミズみたいで気持ち悪い。

この作品はかなり人気で続編関連作はがけっこう多いです。

 

 

 

4.タイタンの戦い

 

 

神の肉体で神に立ち向かえ。

 

出てくる巨大モンスターの数々。

そしてモンスターの代名詞「クラーケン」。

これがでかいでかい。

巨大サソリとのバトルなんかものすごい見ものです。

神系ファンタジーは現代の技術で映像化されるとさすがの迫力です。

 

 

 

5.クローバーフィールド

 

 

とにかく大きい。モンスター系の中でも最大級。

 

予告を見てわかるようにハンドカメラがけっこう動きます。

なので酔ってしまう人もいるでしょう。

この類は知り得る情報も少ないのでリアルさが増します。

モンスターあまり写さない系なのかなと思いきや、後半はがっつり。

この裏で起こっていたストーリー「10クローバーフィールドレーン」もおすすめ。

 

 

 

 

6.スーパー8

 

 

少年達が出会ったのは、モンスターだった。

 

列車で運んでいた「何か」が村の近くで逃げ出す。

軍の急な介入で自体のやばさに気づく。

子供目線なのが非常にいいですね。

グーニーズ」「スタンドバイミー」的な冒険ワクワク映画です。

JJエイブラムスとスピルバーグですよ、すごすぎる。

ただ、少年感によるノスタルジーはあまりない。

 

 

 

7.モンスターズ 新種襲来

 

 

「エイリアン」というより「モンスター」。

 

最近のモンスターは昆虫系が多いですね。

カニみたいな、蜘蛛みたいな。

「ミスト」で出た奴に似ている気もします。

1作目の「モンスターズ」も静かなSF作品でおすすめです。

この2作目はよりバトル感が増しています。

はたして人類の重火器で対応できるのだろうか。

 

 

 

8.GODZILLA

 

 

ゴジラかと思ったらムートーだった。

 

きっかけは日本。

「何か」を隠していたが、それが目覚めて飛び立つ。

日本からハワイ、ロサンゼルスに向かったところでゴジラが登場。

前回の恐竜のようなゴジラではなくより直立で日本のゴジラに似ています。

嘘つき呼ばわりの科学者が真実を知っている定番の展開に安心できます。

序盤のちょっとおかしな日本も見もの。

毎度襲われるロサンゼルスは大変だな。

 

 

 

9.トロールハンター

 

 

妖精として知られている「トロール」はとんでもないモンスターだった。

 

ハンドカメラ系でモキュメンタリー映画です。

B級感はありますが実はけっこう人気です。

トロールにまたまた出くわしてしまった大学生。

しかし、実は政府による「トロールのハンター」がいたのだ。

エンドロールの「トロールをいじめていません」的な遊び心もあり。

ただ、好き嫌いの分かれる作品です。

 CGに引っ掛からなければ楽しめるはずです。

 

 

10.ジョンカーター

 

 

異星で巻き起こる超人と巨大モンスターのバトル。

 

あまり評判は良くないですが、モンスター映画としてならなかなかイケます。

砂漠の星で出てくるモンスターの数々。

地球と重力が違うので超人的な強さになる普通の人。

実は3部作でしたが、不人気のため終了。

ヒロインが可愛くないってのは致命的です。

 

 

 

まとめ


何も考えずに見えるのが巨大モンスター映画のいいところですね。

「ミスト」も入れたかったのですが、最後にだけですからね。

最近は新しいモンスターが出てきていないですね。

ゴジラ」や「キングコング」などの新作がまだまだ出てきます。

 

 

 

 

 

 

今すぐに見る

 

 

tetsugakuman.hatenablog.com

【スポンサーリンク】
プライバシーポリシー