TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめ一人で生き抜く映画10選

スポンサーリンク

過酷な状況で一人。

登場人物が少ない分、どうやって起承転結させるか。

特に心情の変化や、状況の変化、情報の変化を楽しめます。

 

他の人も映りますが、基本的に過酷な状況に陥ってるのが「一人」という縛りです。

 

 

1.ロストバケーション

海の上でサメに狙われて、一人。

 

綺麗なビーチ、広大な海、美しい女性と鮫。

あまり知られていないが最高のビーチと波のある場所。

その秘密のビーチへ一人でお出かけ。

なぜ知られていないかって?

鮫が出るから!

足を怪我して岩の上で休む、しかし血の匂いを嗅ぎつけて鮫が来る。

満潮が迫る、夜が来る。

か弱い女一人で生き抜けるのか。

大切な道具「ピアス」

 

 

2.キャストアウェイ

無人島で、一人。

 

独り言を言うのって、孤独だからなんですね。

ある日急に無人島で一人になったら。

あなたはサバイバルして生き抜く自信がありますか。

バレーボールが友達。

その友達がいなくなった時の悲しみを想像してください。

正直、想像できないです。

だからこそトムハンクスの演技に教えられるんです。

現実社会へ戻ってきた時の反応も面白いですね。

大切な道具「バレーボール」

 

 

3.オデッセイ

火星で、一人。

 

火星での話を受け入れてる現在が不思議ですね。

火星ですよ、火星。

そこに人がいることに違和感はないのですね。

一人を置き去りにしてしまった、救助には早くても4年かかる。

この状況を科学で生き抜く。

非常にユーモアの効いた作品。

音楽もディスコサウンドでノリノリ。

時間的には長いですが、最後はスッと終わるのがたまりません。

大切な道具「じゃがいも」

 

 

4.イントゥーザワイルド

広大なアラスカの自然の中で、一人。

 

他の作品と違って自ら過酷な状況へ飛び込んでいく青年。

人生の意味を、真実を、理由を知るために。

金持ちのお坊ちゃん。

みんな憧れますよね、なんでも買えてなんでも手に入れられる。

でも、それが楽しいか、それが人生かといえば、みんな「違う」と答えるでしょう。

大切なのは「体験」すること。

綺麗だけではない、愚かとも言える人生を追体験しましょう。

大切な道具「本」

 

5.127時間

広大な砂漠地帯で、一人。

 

一人で楽しむのが得意な主人公。

自分勝手に生きている彼は、誰にも告げずに砂漠地帯へ遊びにいく。

そこで知り合った女の子とちょっと楽しい時間を過ごしてみたり。

そして、どん!

岩に手を挟み、抜けられない。

普通に考えれな死が見えている状況。

それでもユーモアを忘れない。

理性を保つために話し続けたのだと思います。

大切な道具「ビデオカメラ」

 

 

6.アイアムレジェンド

人の消えたニューヨークで、一人。

 

ウイルスが蔓延した世界。

人は消えてしまった。

荒廃した世界で仲間を求めて生き抜く。

ブロードウェイに鹿や虎がいるんですよ。

ファイトクラブの目指した世界ですね。

主人公はあまりに時間がありすぎて、映画を選んでられません。

Aからずーーーーーっと見るしかない。

あと、マネキンに話しかけるしかない。

大切な相棒「犬」

 

 

7.ゼログラビティー

宇宙空間で、一人。

 

宇宙での任務中にデブリに当たってしまい宇宙船もろともばらばら。

無重力でぐるぐる回ったら止まらないんですよ、考えたくない状況ですね。

帰るにはどうすればいいか。

状況は過酷になるばかりです。

ジョージクルーニーはこの場合おっちょこちょいでは済まされない。

最後までほぼ一人しか映らない「一人」映画です。

大切な道具「気持ち」

 

 

8.リミット

 

土の中の小さな箱の中で、一人。

 

あるのは携帯電話と酸素。

この状況で電話をかけるべき相手はだれだろうか。

しかも異国の言語の携帯だったら。

911に電話して「砂の中に埋まっています」なんて言っても信じてもらえるだろうか。

電池が減っていく状況はパニックに結びつきますね。

究極の一人パニック映画。

大切な道具「携帯電話」

 

 

9.オールイズロスト 最後の手紙

広大な海の上で、一人。

 

船で一人旅。

優雅な余生は一転して過酷なサバイバルへと転じた。

名優ロバートレッドフォードが苦悩し、頭を使い、手紙を書く。

一番大変なのは太陽の光と水ですね。

あたり一面水なのに飲めない、飲んだら塩にやられてしまう。

そして照りつける太陽。

全編通してほぼ、台詞なし。

大切な道具「紙とペン」

 

 

10.フォースプラネット

宇宙空間で、一人。

 

火星のテラフォーミング、あの作品ではないです。

火星を地球化する任務、しかし早々に失敗。

帰路はない。

つまり、もう地球を見ることはできない。

日本での劇場公開もなく、邦題もなかなか発表されなかった。

似たような作品が多かったからだろうか。

最近注目度の上がったマークストロングの演技に注目。

 

 

まとめ

 

 

一人になると人は喋り出すんですね。

しゃべることで理性を保っているのでしょうか。

広いところで一人 or 狭いところで一人

どっちがいいですか?

他にも一人映画はあります。

 

 

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】
プライバシーポリシー