TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめ密室映画10選(マイナー編)

スポンサーリンク

 

前回の記事はこちら

おすすめ密室映画10選(名作編)

 

あまり知られていない作品が多いとは思いますが、手を出して欲しいです。

  

では見ていきましょう。

 

1.アイアンドアーズ

密室空間「なぞの部屋」

 

なんの説明もなく、ただひたすらに密室。

ひたすら掘ったりガスバーナー燃やしたり。

オチの解釈はそれぞれですが、びっくり(がっかり?)します。

唐突な濡れ場を入れるとサービス映画になってしまう。

これぞ、密室映画。

からの開放感。

 

 

2.ATM

密室空間「ATM」

 

ただ見られているだけなのに、恐怖感は半端ない。

まさかATMで密室になるなんて誰が予想できるだろうか。

そして、水攻め。

ドアは開いてるんですよ。

こういう時に一番してはいけないのが仲間割れです。

 

 

3.実験室KR-13

 

密室空間「実験室」

 

CIAの人間実験室。

「MKウルトラ実験」というなんともかっこいい名前。

しかし実態は薬物と毒物による人体実験。

その様子を描いた映画なのだ。

怖いですねCIAは。

名脇役ピーターストーメアが出ています。

 

 

4.ダークレイン

密室空間「バス停」

 

メキシコ発なぞ映画。

豪雨のなかバス停に集まった様々な人たち。

ホラーな展開を見せ、逃げ出そうにも外に出てない。

原因は雨に溶け込んだ化学物質、なのか。

その作用はあなたの予想の斜め上どころか明後日を行く。

詳しくはこちら

 

 

5.1408号室

密室空間「ホテルの部屋」

 

ホテルは「幽霊が出る」というのを宣伝文句にしている。

それを本にまとめていた作家。

あるホテルにチェックインしたら最後、1時間も持たない。

かなりオカルティックでサスペンスや謎解きではありません。

怪現象に次ぐ怪現象。

 

 

6.YES/NO

 

密室空間「なぞの空間」

 

新婚さんいらっしゃい。

結婚したんだから秘密はない、そう言いきれますか?

多分この実験者は離婚したんでしょうね。

でも「愛」を信じたい。

いいんだけどちょっとぬるめの作品です。

 

 

7.247℉

 

密室空間「サウナ」

 

男女でサウナなんて何考えてるんですかね。

サウナのドアが開かなくなったら、なんて考えたことありますか。

ただ閉じ込められるのではない、暑いのだ。

窓を割ったら冷たい空気が入ってくるんじゃないかって?

温度設定がなかったら、の話ですね。

 

 

 8.ヘッドハント

密室空間「オフィス」

 

仕事をしないと、死ぬ。

これぞ「ブラック企業」です。

かなり血みどろの映画です。

頭脳戦もあったりします。

事務仕事に憧れていたストリッパーのサービス精神にあっぱれ。

 

 

9.テスト10

密室空間「病院」

 

二週間、建物からでれません。

怪しすぎる薬の臨床実験。

羞恥心を無くした人間はもう人間ではない。

欲望のままに行動するそれは「ゾンビ」と同じだ。

閉鎖感は少ないがありそうだから怖い。

 

 

10.パーフェクトトラップ

密室空間「廃ホテル」

 

SAWに似た感じのストーリーですが、展示品が狂ってます。

人をさらってどうにかする猟奇殺人犯。

その唯一の生存者にもう一度中に入れという警察もどうなんですか。

グロ注意な作品です。

最初の人間草刈機の発想もエグい。

 

まとめ

 

密室も様々です。

サウナは想像するのも嫌ですね。

あと実験物も多いのが特徴です。

出れないのか、出たくないのか。

 

こちらも是非ごらんください。

 

 

 

【スポンサーリンク】
プライバシーポリシー