TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめ密室映画10選(メジャー編)

スポンサーリンク

密室といっても閉じ込められているものもあれば、そうでないものもあります。

 

なるべく新しい作品を中心におすすめしようと思っています。

 

密室の広さも様々ですが、なるべくは狭い空間の作品を選んでいます。

「島からでれない」だと広すぎるし「トランクに閉じ込められた」だと狭すぎる。

「部屋」「家」くらいに絞ってみました。

 

こちらも合わせてどうぞ

おすすめ密室映画10選(マイナー編)

 

 

1.10クローバーフィールドレーン

密室空間「地下室」

 

人気ハンドカメラ映画「クローバーフィールド」の関連作。

地上に謎のウイルスか何かが蔓延している、と言われ助けられた女。

しかし、これは監禁?誘拐?それとも世界の終わり?

その「何か」に備えていたおじさんは地下室を作っていた。

食料、空気循環システム、水、ゲーム、そんなものを備蓄していた。

たまたま拾われた女と危機を察知し逃げ込んできた地下室を作った作業員。

三人の密室での生活。

相手は救ってくれた優しいおじさんか、怪しい犯罪者か。

 

 

2.エグザム

密室空間「試験会場」

 

部屋を退出すると失格。

80分のテスト、問題用紙は「白紙」。

どう考えても普通じゃない試験、殴り合っても止めに来ない。

世界観としては、どうもウイルスが蔓延する世界の最大の製薬会社のよう。

報酬がバカ高いだけでなく、安全も約束されるということだろう。

しかし、部屋意外は何も映らない。

 

 

3.キューブ

密室空間「謎のキューブ」

 

起きたら、そこはもう「キューブ」の中。

説明も何もない。

縦、横、上、下、全てに同じような部屋がある。

関連作や前日章も多い今作はまさに「密室映画」の傑作です。

動ける距離としてはある意味無限なのですが、景色は同じ。

ここまで説明を省いた勇気がすごい。

 

 

4.アンノウン

密室空間「何かの建物」

 

起きるとそこは謎の廃墟。

縛られた人、血を流している人、倒れている人。

窓や扉も頑丈で外には出れそうもない。

そしてわかったのは何人かが「犯罪組織」で何人かは「被害者」ということ。

密室劇であり、頭を使う頭脳戦でもある。

個人的に密室映画の傑作だと思っています。

最後まで見ると「あれ!?」ってなって、もう一度見てしまいます。

 

 

5.ヘイトフルエイト

密室空間「雪山の小屋」

 

始まりは広大な自然の中。

しかし猛烈な雪のせいでこの山小屋に閉じ込められた8人。

怪しい8人はどこまで信用していいのか。

最後はエグいぐらいのバトルに突入。

部屋の配置や様子が違う時は疑うべし。

キャラクターが濃くて面白いですが、ちょっと長い。

 

 

6.SAW

 

密室空間「謎の部屋」

 

密室映画の歴史を変えた作品。

シチュエーションスリラーというジャンルを一気にメジャーにした大傑作。

似たような作品が五万とありますが、これだけは群を抜いています。

他の作品はただのスプラッターです。

ということで紹介する必要もないくらい他でも紹介されています。

見ていない方は絶対見てください。

 

 

7.12人の怒れる男/評決の行方

密室空間「会議室」

 

密室劇の金字塔。

基本的に話しているだけなのだが、話しが展開していく様子が面白い。

陪審員のほとんどは最初興味すらなく、早く帰ろうとしている。

反対意見を出したのはたった一人の老人だ。

「めんどうな爺さんだ」と思われながらも老人は事件をシミューレートし始める。

すると「あれ?」とか「たしかに」とかが出てきて、見ている方も考えが変わる。

気がついたら真逆の意見になってしまっている自分にびっくりできる映画。

 

 

8.フライトプラン

密室空間「飛行機」

 

飛行機の嫌なところは着陸が成功しない限りほぼほぼ死ぬというところ。

飛行機で娘がいなくなった、しかも登場記録もない。

飛行機中を探させる母、それでも見つからない。

母の狂言か、陰謀か。

そして、見つけた痕跡。

こんな飛行機には絶対に乗りたくないですね。

 

 

9.パニックルーム

密室空間「パニックルーム」

 

緊急避難部屋「パニックルーム」のある家。

そこに強盗が現れる。

以外と緊迫感のない強盗犯。

モールス信号を覚えていても意味をなさなかったのが悔しい。

フィンチャー監督の明暗の演出が光る。

密室劇というよりは密室を取り巻く状況を描いた作品ですね。

パニックルームは安全でも、出れなければ意味がいない。

 

 

10.デビル

 

密室空間「エレベーター」

 

どんでん返しが得意なシャマラン監督の描くホラー映画。

停電の後に出血していた女性。

犯人はこの中にいるのか、それとも・・・

エレベーター以外の描写も結構あります。

見知らぬ人と一緒に閉じ込められるのは嫌ですね。

あっち系の映画だったのかとがっかりする人もいる映画です。

 

まとめ

 

傑作も多い密室映画。

メジャーな監督も手を出していますが、結構苦労していると思います。

でれない状況や広さもいろいろですね。

 

脱出できない状況をいかに作るか、それが大切です。

 

 こちらもご覧ください

 

 

【スポンサーリンク】
プライバシーポリシー