TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめ無敵の殺し屋映画10選

スポンサーリンク

今日は気分爽快、ハラハラする必要のない「無敵」映画を紹介します。

 

「用意周到」「知識半端ない」「冷静さが異常」

 

この三拍子揃ったら向かうところ敵なしです。

たまに強すぎて冷めちゃうこともありますが・・・

 

一種のジャンル映画ですね。

つまりスティーブンセガールですね。 

 

1.イコライザー

 

几帳面なおじさん、実は殺人マシーン。

 

説明は少ないがその分スリルが増す。

「19秒で悪を裁く」というのは忘れてください。

意味するところは「時間にも異常に細かい」ということです。

そして、とにかく強すぎる。

クライマックスのホームセンターでのバトル、最高です。

 

 

2.ジョンウィック

ブギーマンではない、ブギーマンを殺す男だ。

 

最強のお殺し屋「ジョンウィック」は戻ってきたのか。

チンピラでも絶対に許さない。

そして一発当たったくらいでは許さない。

必ずヘッドショットで息の根を止める。

殺し屋はいつまでたっても殺し屋だ。

 

 

3.メカニック

完璧に感情はいらない。

 

下調べ、訓練、練習、計画、準備、全てを整えよ。

そうして初めて「完璧」な仕事になる。

現場を荒らしてはいけない。

教え方も非常に手際が良く、見ていて気持ちが良い。

続編はちょっとストーリーが大きくなりすぎました。

 

 

4.レオン

洋題は「ザ・プロフェッショナル」。

 

名作中の名作なので外すわけにはいきません。

特に良いのが最初の登場シーン。

暗闇の中からナイフを持った手が出てきて首に当てる。

腕が上がれば上がるほど標的に近づいていく。

ラストのシーンはゲリラ撮影だったので、市民はマジのリアクションです。

 

 

5.ザ・コンサルタント

 

まさに「裏」の顔を持つ暗殺者。

 

今回紹介している多くの作品は殺し屋専門のひとばかりですが、彼は違います。

昼は会計士をしています。

そして障害ゆえに異常な几帳面、それが役に立っているのです。

サスペンスアクションですので、ストーリーも深くできています。

ベンアフレック、はまり役です。

 

 

6.ハンナ

作られた殺人マシーン。

 

世間離れした生活を送ってたため、家電を見てパニック。

キスしようとした相手を投げ飛ばす。

そんな個性的な一面もチャーミングな殺人マシーン。

美しくて強いってのが良いですね。

幼さが正義と悪を曖昧にする。

 

 

7.コロンビアーナ

身体能力半端ない。

 

「レオン」「ニキータ」を作ったリュックベッソンの新たな「暗殺者」映画。

一点の曇りもない、復讐。

どうしてもレオンのマチルダを連想してしまう。

同じ監督なだけに比較してしまいますが、これはこれで見ましょう。

子供の時の逃げ方がすごい、身体能力高すぎ。

 

 

8.ニキータ

 

これが私の、生きる道。

 

アクションはそんなに多くない。

それでもピリッとした「締めるときは締める」演出がいい。

スタイリッシュアクションであることは確か。

レオンも・・・じゃないジャンレノも出ています。

女殺し屋映画の先駆け。

 

 

9.ヒットマン

怪しい組織、万歳。

 

度を越したド派手殺し屋映画。

どこか「処刑人」を思い出しますね。

名前は「47」番、頭の裏にバーコード。

「殺人マシーン」を王道で描いた作品です。

続編もあります。

 

 

10.スモーキンエース

 

暗殺者がいっぱい。

 

一回見ただけでは「ただ銃を撃った映画」という印象しか残らない。

様々なタイプの殺し屋が入り乱れる乱闘殺し屋映画。

けっこういい俳優が出ていますよ。

ばかばかしいけどとにかく楽しめます、何も考えずに。

こちらも続編が出ています。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

他にも殺し屋映画はありますが、できる限り「無敵感」で選びました。

それと「CIAに作られた」的な作品は極力排除しました。

ので「政府がらみの最強映画」とかも作れますね。

次回にでも、紹介いたします。

 

 

 

 

【スポンサーリンク】
プライバシーポリシー