TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめSF映画10選(未来編)

おすすめSF映画(宇宙編)を書いたので今回は未来編です。

未来編というか、宇宙系以外ですね。

宇宙編」も是非ごらんください。

 

これも新しめの中から選んでいます。

早速参りましょう。

 

1.マトリックス

 

2199年(予想)

人間はこれ(電池)なんだ。

 

映像革命であり、映画革命だった。

しかし、なぜ日本語版予告がないんですかね。

説明不要かと思いますが、こちらは日本のアニメ「GHOST IN THE SHELL」の影響を強く受けています。

 

なので初めの緑色の文字の雨にはカタカナが多く使われています。

カット割りや構図もアニメや漫画を参考にしたらしいです。

日本のアニメ、香港のワイヤーアクション、アメリカの映像技術。

それが融合してできた映画です。

詳しくは「マトリックス 感想と解釈」で。

 

 

2.12モンキーズ

 

2035年から1996年へ

見たい番組は放送する前に予約しないといけない!

 

人類のほとんどが死んだ。

生き残った数少ない人類は滅亡の原因を探し当て、阻止し、人類の繁栄を取り戻すのが目標だ。

過去へ行き、手がかりを探すブルース・ウィルス

人類滅亡は阻止できるのか。

 

過去と未来を行ったり来たりするストーリーで布施んと回収がすごいです。

最初第一次世界大戦の真っ只中へ飛ばされ、そこで写真に撮られてしまう。

その次に現代へ飛ばされると写真に同じ人が写ってるではないか・・・

何度見ても面白いのはいつも新しい発見があるからです。

気のふれたブラッドピットが最高の演技を見せています。

ブルースはある先生と出会い協力して解決へ向かう。

しかし、タイムパラドックスが行く手を阻む。

音楽も印象的でチープだけど深い作品ですね。

 

 

3.ターミネーター2

 

2029年から1994.5年へ

ダダンダンダダン、ダダンダンダダン。

 

未来では機械どもが反乱を起こす。

しかし、人間側のリーダー・ジョンコナーによって苦戦を強いられていた。

そのため機械軍は過去へ戻りジョンの母親サラコナーを殺しに過去へ来た。

それを阻止するまでは「ターミネーター1」。

その後、未来の出来事を語るサラコナーは精神病患者とされる。

すると再び二体のターミネーターはが現れる。

サラ殺害のための液体ターミネーターT-1000と前作で出てきたシュワちゃんT-800だ。

実はT-800は未来のジョンが送り込んだ味方だった。

ジョンとサラはこのターミネーターと共に逃げる。

 

名作中の名作ですね。

しかもタイムパラドックスを利用した作戦がすごい。

それと、名シーンが多い。

そもそもVFXが進歩がすごい時代だった、特に液体金属野郎がすごい。

機械側は相手のリーダーの母を殺そうとする。

人間側は機械を作った博士を殺しに行く。

未来のために過去でバトルが繰り広げられるのだ。

もちろん前作を見てからがいいのだが、ストリーが適度に複雑なのがこの作品のポイントです。

 

ちなみに、「3」と「4」は別物という認識が支配的です。

「新起動/ジェネシス」は作品を補完するものとして楽しめます。

 

 

4.エリジウム

 

2154年

究極の貧富の差。

 

地球は極度の貧困、富裕層は宇宙に作った「エリジウム」で生活している。

エリジウム」では仕事もなく、全ての病気が治せる。

地上の工場で働く主人公はミスで被爆し余命5日となる。

エリジウムへ行けば治療できる。

主人公はあらゆる手段を使い宇宙を目指す。

 

宇宙を目指すために主人公が機械を装着するのだが、それがキツイ。

ドリルで穴を開け、ボルトで留める。

骨にですよ!

ただでさえ死にそうなのに・・・

あと、機械があまりにも無慈悲。

貧富の差が行くつく先がこれかと思うとゾッとする。

 

 

5.ガタカ

 

近未来

劣性遺伝子は排除される。

 

近い将来、人類は遺伝子を調整して子供を作っていた。

なのでみんなスポーツ万能、容姿端麗、頭脳明晰なのだ。

しかし、主人公は親から生まれた本当の子供。

それは遺伝子的には「不適合者」となる。

世界は遺伝子決められているため、仕事も、恋愛も遺伝子を調査される。

宇宙飛行士を夢見る主人公は「適合者」の遺伝子を買い取る。

 

たぶん「遺伝子」が一般的に広まり、その恐怖があったのだろう。

遺伝子レベルで全てが解明されればそこから適当な仕事や全てを決められる。

それが合理的なのかもしれないが、怖い。

「適合者」の遺伝子を買って偽り続ける緊張感と、劣性でも努力する主人公に感情移入してしまう。

見ていて「本当にこんな社会になったらどうしよう」と思ってしまう。

静かなSF作品。

 

 

6.オールユーニードイズキル

 

時代設定不明

死ねば再スタート、対策をして再スタート、再スタート、再スタート。

 

エイリアンの地球は襲われた。

全ての作戦が筒抜けなのかと思うほど圧倒的に・・・

その戦いに参加させられた主人公は戦場でエイリアンの体液をかぶってしまう。

すると・・・

死ぬと同じ場所から繰り返すようになる。

死んだら再スタートなので、死んだ箇所を避ける、また死ぬ。

その能力を理解する女性に出会い訓練と作戦を立てる。

エイリアンに勝つことはできるのか。

 

この特殊な能力はエイリアンのものだった。

エイリアンはその能力で何も繰り返し地球人の攻撃に対応してきた。

今度はその能力を主人公が使えるようになる。

日本人原作なのでだと思うが、まるでゲームだ。

死んだらセーブポイントから繰り返し。

起こる出来事を知っているからそれを全て言い当てるのとかが快感だ。

しかし、コンテニューボタンが押せなくなったら・・・

ゲーム感覚なのが新鮮だった。

 

個人的にエミリーブラントにはまった作品。

 

 

7.ルーパー

 

2044年

相手は未来の自分だ。メッセージはどうやって送る?

 

主人公は殺し屋。

と言っても未来から送られてくる人を殺すだけ。

誰かも、顔も、理由も関係ない。

しかし、その相手が未来の自分だったらどうする。

取り逃がしてしまった自分を殺そうと必死で追う。

 

トーリーは思わぬ複雑さへ突入するが、シンプルに楽しめばOK。

タイムトラベルがパラレルワールドではなく未来へ影響するパターン。

たとえば、目の前にいる未来の自分の腕に傷がなくても、過去の自分が腕に傷をつけたら目の前の未来の自分の腕に傷が浮かび上がる、的な世界。

タイムトラベルものとしてはけっこう斬新。

未来の自分を殺したら、残りの人生を自分に殺されるまで待つことになるから。

 

 

8.マイノリティーリポート

 

2054年

殺人が起こる前に加害者を逮捕する。

 

予知能力のある人を介して未来の情報を知る。

そして、起こるであろう殺人などの犯罪を阻止する。

そのため未来では殺人による被害者は0だ。

しかし、その予知に自分が殺人の加害者になると言われ事態は一変する。

未来の殺人を止めることに疑問を感じなかった主人公だが、自分が容疑者になり徐々に考えが変わっていく。

 

陰謀や予知者の残像、網膜スキャンなどSFネタが満載。

派手な映像ではあるが未来すぎない感じが良い。

SF作品を見るときは「未来感」が合うか合わないかという問題が大きい。

でも、陰謀的ストーリーやアクションでその辺をカバーしているので誰もが楽しめる作品になっている。

 

 

9.オブリビオン

 

 

2077年

地球を守っているのは俺だ。と、思いきや。

 

エイリアン侵略後の地球。

戦争には勝ったが大地を失った。

地球を監視しエイリアン(スカヴ)の残党を倒すのが主人公の役割。

しかし、隠れ住んでいたスカヴに捕まる。

スカヴは実は人間で、様々なことを告げられる。

主人公が従っていた相手とは・・・

 

またトムクルーズかよ!って思うかもしれませんが、同感です。

SF映画によく出てますね。

あまり話に出てこないかもしれないですが、実はどんでん返し系映画ではビッグネームですね。

予想を超えるエンディング。

あとは未来的ガジェットがいいですね、丸い系ではありますが。

 

 

10.TIME

 

時代設定不明

未来の通貨は「時間」

 

人間は25歳で時間が止まる。

富裕層は永遠に生き、貧困層そうは23時間をやりくりして生きている。

ある人物になった主人公は彼の持っている膨大な時間をもらってしまう。

そのことで富裕層の住へ乗り込み、時間を奪い、みんなに分け与えようとする。

 

斬新なアイディアの映画ですね。

ほぼ全員が25歳。

親も、兄弟も、みんな。

貧困層の平均寿命(所持金)は23時間。

なので何もしないで23時間すぎると死ぬ。

だから働いて時間をもらう。

怖すぎでしょ、サボったら死ぬ、寝すぎたら死ぬ。

コーヒーが5分、バスが1時間。

時間を奪いにいくぞー!

 

 

 

いかがだったでしょうか。

「未来編」ですが、「もうすでに過去になった編」もできそうですね。

2001年宇宙の旅とか、バックトゥーザフューチャーとか。

あと「タイムトラベル編」「貧富の差編」とか。