TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

映画「グリーンルーム」ネタバレと感想 本当に好きな音楽は・・・

スポンサーリンク

今年初、映画館で映画を見てきました。

仙台での公開初日、半分ほど席は埋まっていました。 

 

グリーンルーム

 「グリーンルーム」=「楽屋」

 

サバイバルスリラーとしていい緊張の連続。

状況を打開する方法を探すもどうにもならない。

相手は「ネオナチ」

常識なんかは通じない。

この映画に「サイコ野郎」は登場しない。

いかにも出てきそうな雰囲気はあるけど。

登場するのはサイコ集団「ネオナチ」だ。

彼らは統率のとれた集団、というよりも軍団だ。

 

  

ストーリー

 

バンド「アインツライツ」は売れないパンクバンド。

ガソリンを盗みながらなんとかツアーをしていた。

行った先で地元ラジオの取材を受ける。

ラジオと言ってもパンク野郎が担当している朝の番組で、彼の部屋でただ喋っているのを録音して流す、それだけのこと。

そしてある質問をされる。

「もし無人島に1つのバンドのCDしか持って行けないとしたら、どのバンドを選ぶ?」

1番好きなバンドはどれか。ってこと。

 

彼に紹介されたライブハウスでライブをすることになる。

しかし、そこは「ネオナチ」の巣窟だった。

そんな状況でバンドは「パンクバンドらしさ」を見せる。

DEAD KENNEDYSの「NAZI PUNKS FUCK OFF」を最初に演奏する。

この曲は「ナチスクソったれ!」的な曲なのだ。

一瞬観客も殺気立つが、ライブは徐々に盛り上がって行く。

 

そして。

演奏が終わると帰るように促される。

楽屋の荷物も出されていて「早く帰れ」と言わんばかり。

メンバーがスマホを楽屋で充電していたのを忘れて「とってくる!」って足早に楽屋に入ると

 

事件

 

楽屋でなんと、女の子が刺されて殺されていた。

目撃してしまったメンバー。

なんとかその場を納めようとするライブハウスの人達。

するとリーダーがすぐ警察へ電話。

「もしもし警察ですか?人が刺されています!」

しかし店長に携帯を取り上げられで電話が切れる。

「俺たちは何も見なかった。返してくれ」

そうお願いするメンバーだったが、見られてしまったらもうおしまい。

楽屋には太ったネオナチと刺したネオナチと死体とその親友、そしてメンバー。

警察からの折り返し電話(警察はシステム的に必ず切れたら折り返す)に出るライブハウスの人「人が刺されたんだ・・・」。

隠蔽せずに正直に言っている。

かと思った。

 

思いもよらない方へ事件は進んで行く。

 

楽屋に監禁されたメンバーはとりあえず楽屋内の主導権を握ろうとする。

加害者のネオナチは部屋から出されます。

 

すきを見て太ったネオナチを拘束、持っていた銃を奪い楽屋の主導権を握る。 

 

 

 

やってくる警察。

これを対処するために若い男2人を呼び出す。

そして片方に小さなナイフで腹を刺させ、小競り合いがあったかのように見せかける。

それで若い二人は連れて行かれ警察が帰ってしまう。

 

いよいよヤバいと気づいたメンバー。

ここからライブハウスでの「バンドマン」VS「ネオナチ軍団&犬」になる。

 

バトルの末に生き残ったのはボーカルの男と殺された女の友人の二人。

逃げ場を探すと地下に空間を見つける。

床板を割って降りてみるとそこは「麻薬の精製工場」だったのだ。

エオナチが必死になるのも無理はない、ということですね。

 

ここから形勢逆転、頭脳を使って生き残った二人はネオナチも犬も撃退。

 

時間はすでに朝方。

外へ出た二人は残るライブハウスのオーナーを追い、殺してしまう。

 

楽しむポイント

 

今回は楽しむポイントを紹介したいと思います。

1.無人島へ持って行くバンド

2.反撃

3.タイトルが意味するもの

 

1.無人島へ持って行くバンド

これは登場人物の「素直さ」の現れです。

最初のラジオのインタビューでは「ミスフィッツ」とかパンクバンドを答える。

しかし、重大な局面で遺言のように「やっぱりサイモン&ガーファンクル」と答えろ変える。

その素直さが「フラグ」になっているのだ。

 

2.反撃

反撃へのメタファーが二回も登場する。

万が一にも勝ち目のない相手。

しかし、アイディアが反撃への狼煙(のろし)となる。

この映画そのものが負け犬のバンドマンの話。

それがいかに形勢逆転するか、という物語なのだ。

 

3.タイトルが意味するもの

「グリーンルーム」=楽屋です。

しかし、映画の冒頭は緑の中で目覚める所から始まる。

眠気からか道をそれてトウモロコシ畑に突っ込んでしまったのだ。

これは「気づいたらトンデモナイ状況になる映画だよ」という予言でもある。

しかもその色が「緑」なのである。

激闘を終えた二人がライブハウスから出てくるとそこには静かな森が広がっている。

まさに「グリーンルーム(緑の部屋)」なのだ。 

  

でも、最初の鑑賞では「痛い」が先行してあまり読み解いてらんない。

 

 

どことなく「ドントブリーズ」に似ている。

「建物の中」「殺し合い」「ひ弱な主人公」

あと

「犬」

 

 

個人的な感想

 

すごく良かった。

ずっと緊張しっぱなしで背中が疲れるほど濃厚な95分。

エンドロール最初の曲以外は最高だった。

 

 

 

この映画が好きならこの映画もおすすめ。

 

ザ・インシデント

 

バンドマンがバイトをしている精神病院で電源が落ちる。

解放された激ヤバな連中を相手に生き残りをかけた一夜のサバイバルがはじまる。

 

 

この映画が好きな人にはこれもおすすめ。

 

バンド(音楽)がメインのマニアックな映画。

 

 

【スポンサーリンク】
プライバシーポリシー