TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめできないキツい映画10選(鬱,苦痛)

難解すぎたり、鬱すぎたり、謎すぎる映画のことです。

見ているのが苦痛だったりしますのでまっっったくオススメできません。

 

 

1.アンダーザスキン 種の捕食

監督:ジョナサングレイザー

出演:スカーレットヨハンソン

 

 

 

はじめにお伝えしますが、僕はこの映画が気に入っています。

とにかく「?」が続く映画です。

冒頭の10分は大きな白い円とかドーナツ型のものが宇宙に浮かんでるような映像が続きます。

そして、バイク野郎が拾ってきた死体の服を着て街にでて男に声をかける。

さっぱりわからないですよね?

見るしかないんです。

苦痛のような時間ですが、なんか入り込んでくるんです。

そして音楽がずっっと不協和音。

主演のスカーレットヨハンソンの裸見たさで手を出す人が多いですが、やめときましょう。

ちなみに「メタルギアシリーズ」でおなじみの小島秀夫監督は絶賛しブルーレイもサントラも持っているそうです。

 

僕もサントラを持っています。

もっと詳しく知りたい方は「こちら 」。

 

 

 

2.レクイエム・フォー・ドリーム

監督:ダーレンアロノフスキー

出演:ジャレッドレト、エレンバースティン

 

 

 

ドラッグの怖さ、えぐさをこれでもか!これでもか!!と詰め込んだ作品。

「えぐい」というのはこの映画に出てくる人がみんな夢を描いて(多少は)努力しているから。

2009年に発表された「もっとも落ち込む映画」で1位になったが、アカデミー主演女優賞や助演女優賞にノミネートされるなど作品としての評価は高い。

 

 

 

3.ファニーゲームUSA

監督:ミヒャエルハネケ

出演:ティムロス、ナオミワッツ、マイケルピット

 

 

 

理不尽恐怖映画の筆頭「ファニーゲーム」のリメイク版。

元のもいいのですが、実は監督は同じで、知っている俳優なぶんおぞましさが増した感じがしました。

 

ちなみに元のはこちら。

 

少年たちが一切悪いと思っていないのが理解できなくてきついです。

 

 

4.ダンサー・イン・ザ・ダーク

監督:ラースフォントリアー

出演:ビヨーク

 

 

 

 
鬱映画の代名詞。
でもファンが多いのは映画としてよくできているからでしょう。
病気のため視力を失っていく主人公が同じ病気の息子のために頑張る映画。
しかし解雇されたり嫌がらせされたり、見ているのが苦痛になる。
想像を超える不遇です。
でもその中で主人公の妄想の世界ではミュージカルのような晴れやかな世界が広がる。
そのギャップがまたきつい。
最後に一つだけ救いがあるのですが、監督はそれさえも入れない予定だったそうです。
それを聞いたビヨークは現場から走って逃げたそうです・・・
 

 

5.時計仕掛けのオレンジ

監督:スタンリーキューブリック

出演:マルコムマクダヴェル

 

 
 
イギリスを、そして映画を代表する名作なのですが、きつい。
タイトルや表紙から内容が一切読めないのも面白い。
他と違って映像はおしゃれだし音楽も素晴らしい。
でも理不尽な暴力と、なんといっても目にはめる器具が怖い。
キューブリック作品の狂気を味わってください。
 
内容がキツすぎて青少年に悪影響だという事で長らくイギリスでは上映禁止でした。
クラシックや陽気な「雨に歌えば」が怖い曲に聞こえてくる。
理由なき暴力って理解不能だから怖いですね。
 
 
監督:ターセムシン
出演:ジェニファーロペス
 

 
 
 
独特のファンタジー感を持った監督。
この作品のきついポイントは猟奇殺人鬼の頭の中に入るということ。
猟奇殺人鬼の殺人ではなく、その頭の中はまさに悪夢。
映像化されたその世界観に恐れ慄く。
 
ストーリーは、猟奇殺人鬼に捕まった少女を助けるために昏睡状態の犯人の頭の中に入って少女の居場所を探すというもの。
綺麗とエグイの組み合わせです。
 
 
 

 

 
世界観を理解する前に終わってしまった。
初めて見た時の感想です。
音楽がないのってこんなに苦痛なんだと。
もしかしたら北欧では理解できるのかもしれない。
日本人には初めて接する世界。
たぶんヴァイキングとか、そういう事だと思う。
 
あんだけストーリーやっといて、そのエンディングなんだよ!
ってなります。
この監督は極彩色か薄い色かのどちらかですね。
 

 

 
8.π
出演:ショーン・ガレット
 
 
 
数学が嫌いな人にとっては拷問のような映画です。
でも、数学好きな僕にとってもなかなか苦痛でした。
まず、白黒作品への免疫があまりない。
あと主人公の境遇を考えるといたたまれない。
ずっと脳がフル回転している状況は大変だ。
 
どうにかそれを止めるために主人公がとる最終手段が観覧注意。
やめろーーーーってなります。
 

 

9.プレッジ
 
 

 

 

監督ショーンペンですよ。

主演ジャックニコルソンですよ。

少女殺しの犯人を捜すが定年を迎えてしまう。

それでも執念で犯人を追う。

目星を付けた犯人の近くへ引っ越す。

そこで仲良くなった母子家庭。

おじいちゃんになったような気分を味わうも、自分の身分は明かしていない。

平和な日常と犯人への執念が行ったり来たり。

最後、やってはいけない事をしてしまう。

悪くないんですけど、けっこう大変な映画。

 

 
10.ナイト・スリーパーズ ダム爆破計画
監督:ケリー・ライヒャルト
 

 

 

有名ではないが名のある俳優が出ている。

自然を守るためにダムを破壊しようとする若い活動家2人と元軍人。

準備段階から淡々とストーリーが進んで行く。

ビル爆破後、カメラは主人公のみを追う。

爆破のシーンもニュースも何も映らない。

観客も犯人と同じ情報量しか得られない。

それが心を蝕んでいく。

ここまで起伏のない映画も珍しいです。

 
 
まとめ 
 
つまらないんじゃないんです、苦痛なんです。
でも、いい映画もあります。
いつかは手を出してみてください。