TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめSF映画10選(宇宙編)

スポンサーリンク

今回は宇宙的、未来的、化学的な映画をおすすめします。

ドラえもんはあえて除外します。
 
今回は「宇宙」を舞台にしたSF映画に絞っています。
未来編はこちら
 
*面白さはひとそれぞれなのでランキングではないです。
 

1.オデッセイ

 
火星にひとりぼっち、それでも植物学者は負けない。
 
ストーリー
人類は火星に降り立っていた。
3度目のミッション、猛烈な砂嵐で緊急離脱を決意するリーダー。
そして取り残された男。
地球から遠く離れた星でサバイバルがはじまる。
なんとかNASAとコンタクトを取れるようになったが、救出ミッションまで4年。
 
ユーモアとディスコサウンド満載の映画。
火星でサバイバルだけど孤独ではなく、どこか楽しんでいるよう。
希望を捨てず努力し続けるのだが、次から次えと問題が起こる。
マットデイモンだからこそ完成した映画でしょう。
 
「火星」がこんなにリアルになったからこそヒットした映画。
10年前なら火星でサバイバルなんて受け入れられなかったと思う。

詳しくはこちら

 

2.プロメテウス

 
人類の創造者を追ってきたら、とんでもないことになった。
 
ストーリー
人類誕生の痕跡を記した遺跡が次々と発見される。
そこに記されたのは「座標」だった。
科学者などを乗せた宇宙船「プロメテウス」号は目標の星にたどり着く。
その星で見たのは明らかな人工物と酸素だった。
しかし、待ち受けていたのは人間を創造した神ではなかった。
 
「人はどこからきたのか」という人類最大とも言える謎を解く。
そのテーマにゾクゾクします。
もちろん、ただじゃすまない。
他の星だから助けはこない、逃げ場もない、頼れるのはクルーとAIだけ。
気持ち悪い白い蛇みたいなやつ、が入って来る!!
そして、長い眠りについていた「祖先(?)」がいた。
エイリアンの前日章ではありますが、その点から見ても十分楽しめる。
知らなくてもこの作品単体で楽しめます。
 

3.インターステラー 

 
地球は死に始めている、移住できる星を見つけなければ未来はない。
 
ストーリー
植物が育たなくなってきた地球、トウモロコシもダメになりそうだ。
娘を置いて父親は宇宙へと飛び立つ。
目星をつけていた星へ行ってみるもなかなか可能な星がない。
そしてブラックホールに近づきすぎてしまう。
時空を超えた空間で出会うものとは。
 
まず地球が死にそうだという設定が悲しい。
近い将来そうなるのかと思うとそわそわする。
こういう重いストーリーに必要なのはユーモアだ。
この作品では四角いロボットがそれだ。
四角なのにけっこう動ける、ジョークもなかなかだ。
「自爆装置起動します、10、9、・・・」とか、ブラックこの上ない。
宇宙SFらしい作品。
ブラックホールについては議論しましょう。
 

4.スターウォーズ フォースの覚醒

 
この作品から見てよし!SFとはこの作品をいう。
 
ストーリー
砂漠の星で生きる主人公。
ある日BB-8というロボットを見つけ連れて帰る。
しかしそのロボットを巡って壮大な物語に巻き込まれる。
 
スターウォーズに若干敷居高さを感じる方、大丈夫です。
僕は過去作をなんとなく見たことがなるのですが、実はイマイチなじめませんでした。
でもこの作品は「おもしろかた!」と言えます。
まず、主人公もその感じ「フォース?戦争?伝説の話でしょ?」というスタンス。
過去のスターウォーズを知らないのです。
なのでこの作品を見てから過去に遡ればいいと思います。
あと裏話も多いですね、ダニエルクレイブがストームトルーパー(白い歩兵)にいます。
 

5.スタートレック(2009) 

 
やんちゃ坊主、凸凹クルーと宇宙艦隊の任務に就く。
 
ストーリー
偉大な船長を父に持つ若造が同じ部隊に入隊する。
やんちゃゆえにトラブルが絶えない。
そして宇宙へと飛び立つ時、父を葬った凶悪異星人と出会う。
主人公は父のような船長になれるのか。
 
この映画の進めポイントが「寄せ集め感」です。
いろんなタイプのクルーがいて、でもなんとかピンチを切り抜ける。
あなたの好きなキャラクターもきっといるはず。
僕は医者です。
そして主人公がもう猪突猛進、命令無視、有言実行、いいやつなんです。
SFシリーズではスターウォーズと二大巨塔ですが、こちらはユーモアたっぷりです。
続編もとても面白かった。
 

6.エイリアン

 
こんな異星人はお断り。
 
ストーリー
地球への帰還途中の貨物船に救難信号が届く。
仕方なくその星へ行ってみるが生存者はいなく、替わりに卵のようなものがあった。
そこから飛び出したやつが仲間の顔に張り付いた!
そして、その星から来たのは救難信号ではなく警告だったことを知る。
地球帰還までの数ヶ月、狭い船内でエイリアンが体内を飛び出し暴れだす。
 
まず、そのフォルムが恐ろしい。
目がない分、他の感覚が優れているのだろうと想像してしまう。
このデザインをしたギーガー様様である。
以降の作品に多大な影響を与えたのは間違いない。
続編もいっぱい出てますが、この作品のあとに「プロメテウス」を見るのをお勧めします。
あのアンドロイドがいい味出してますね。
 

7.ピッチブラック

 
 太陽が三つある星で夜が訪れたとき、奴等が動きだす。
 
ストーリー
不時着したのは夜のこない灼熱の星だった。
生き残った人でサバイバルするのだが、その中に凶悪犯リディックがいる。
この星は暗闇でだけ活動する獰猛な生物が支配していた。
脱出するために他のロケットを目指す。
22年ぶり夜が訪れるとき、彼らは生き残れるのだろうか。
 
暗闇でも目が見える改造を施された主人公「リディック」。
彼の余裕かましているところがかっこいい。
まずは灼熱砂漠でサバイバル、そのあと疑心暗鬼で殺し合い。
最後は暗闇で獰猛なエイリアン相手にサバイバル。
SFにしては低予算ぎみな映画ですが、しっかりしていて面白い。
続編「リディック」へ続きまして、そっちは大作になってます。
ちなみに「ピッチブラック」とは「真っ暗」と言う意味です。
 

8.ゼログラビティー

 
 宇宙でひとりぼっち、帰れる保証は気持ち次第。
 
ストーリー
船外での作業中、宇宙ゴミが接近していると緊急連絡がくる。
その衝突は避けられず、宇宙ステーションは壊れてぐちゃぐちゃ。
そこで中国の宇宙ステーションへ行くことにするが・・・
果たして生還できるのか。
 
現実的な宇宙での話し、最近は宇宙ゴミ(スペースデブリ)が問題ですね。
この作品の問題は「絶望」と「希望」が小刻みにやってくるところ。
心が疲れちゃいます。
途中で死んだはずの彼が現れるのとか、なんて「希望と絶望だ!」と思う。
序盤でバカみたいに宇宙遊泳しなければ!ばか!
って思っちゃいますよね。
 
僕がこの映画で好きなのは地球上が全く映らないことです。
わたわたするNASAも大統領からの電話もマスコミもない。
あるのはそこにいる人々と途方もない宇宙だけ。
一度回り出したら止まらない、そんな死に方絶対に嫌だ。
 

9.フィフスエレメント

 
 大事なのはゲイリーオールドマンの髪型と、青いオペラ女の歌。
 
ストーリー
世界を救う5つの石と世界を破滅させる予言があった。
西暦2214年、大事な人物をちょっとした細胞から復元、しかし逃走してしまう。
たまたま居合わせたタクシードライバーに拾われ話はややこしくなる。
 
何言ってるのかわからないと思いますが、大丈夫です、僕もわかりません。
ストーリーもありますが、要はブルースウィルスが厄介な女を連れてどんぱちやるということ。
宇宙的なんだけど、やっぱりブルースウィルス映画なんです。
あとは変な髪型のゲイリーオールドマン、やばい服のミラジョボヴィッチ、変なクリスタッカー、そのほか変なもの満載でお送りするドタバタSF映画。
金曜ロードショーでやった次の日は学校ですごい話題になってました。
露出の多い服のせいか、歌のせいか。
 

10.インディペンデンスデイ

 
 
 重いし疲れるし、オマケにくせーんだよ!
 
ストーリー
アメリカ独立記念日の2日前、世界の主要都市の上空に巨大な宇宙船が現われる。
友好関係へのコンタクトもなく一方的に攻撃される。
反撃するもバリアで全く歯が立たない。
そこで考案されたのがコンピューターウイルスだった。
人類は果たしで地球として独立できるのだろうか。
 
ストーリー説明では大雑把になりましたが、全編において人間描写です。
天才エンジニアのデイヴィットは宇宙人の通信を傍受、それが「攻撃」である知る。
それをホワイトハウスに伝えようとするが信じてもらえない。
僕らをワクワクさせるワード「エリア51」の内部がいっぱい描かれているのも楽しい点です。
エイリアンとのドッグファイトとか、そのあとのウィルスミスの暴言が好きです。
インテリ系のユーモアとダウンタウン系のユーモアの合作なんですねこれは。
何度見ても面白いです。
 
まとめ
さて、いかがだったでしょうか。
SFが苦手という人もいますが、人間描写の多いものもありますね。
次は地球を舞台にしたおすすめSF映画を特集します。
 

 

 
 
 
【スポンサーリンク】
プライバシーポリシー