TETSUGAKUMANのブログ

映画1000本観た中からおすすめ

おすすめゴリゴリのSF映画10選

前回のおすすめ10選は「派手じゃないSF」だったので今回はゴリゴリにSF映画です。

これでもかってくらいCGでVFXでどっちが上でどっちがしたかわからないような映画をおすすめします。

 

 

ちなみにスターウォーズスタートレックは含まれていません。

もちろんゴリゴリのSF映画なのですが、それだけでは語れないので、除外しました。

 

では早速参りましょう。

 

 

 

1.トータルリコール

 

 

街がゴリゴリ。

 

アーノルドシュワルツェネガー主演1990年番のリメイク。

いろいろと現代風にアレンジされている。

主人公は貧困層の工場勤務。

体験を記憶として与えられる「リコール」に行って気分転換をしようと思う。

しかし、急に警官突入、全員返り討ち。

俺は誰だ?

どっちが上で下かわからなくなるくらい街が機械。

元の「トータルリコール」はこちら

 

 

 

 

2.パシフィックリム

 

 

ロボットがゴリゴリ。

 

海底から現れる「カイジュー」に立ち向かうため各国は「イェーガー」を建設。

ロボット物、怪獣物として新たな人気を獲得した作品。

個人的に、これは「ハリウッド版エヴァンゲリオン」の行き着いた先だと思っている。

シンクロだったり、海から現れる巨大不明生物だったり。

日本人の起用や「モンスター」ではなく「カイジュー」っ言うのも深読みしてしまう。

各国の特徴が表れているのでそれを見るのも楽しい。

 

 

 

 

3.ガーディアンズオブギャラクシー

 

 

異星人がゴリゴリ。

 

予告と内容違うじゃないか映画だったのですが、よい。

ノリがよいといろんなことが許せちゃいますね。

様々な異星人がいるのですが「肌が緑って」みたいにわかりやすいです。

大人も子供もって感じですかね。

やっぱりチームものっていいんですよ、しかもこういう仲悪い感じの。

ドラえもんみたいで。

続編が楽しみです。

 

 

 

4.ジュピター

 

 

ずっとゴリゴリ。

 

マトリックス」以来の映像革命!と宣伝された今作。

そうではなく、とにかくSF感がずっと続きます。

話も突っ込みどころが多い。

ゴリゴリすぎてあまりストーリーが頭に入ってきません。

なので「とにかくゴリゴリのSF作品が観たい!」という人におすすめ。

です。

 

 

 

5.トロン レガシー

 

 

コンピューター世界がゴリゴリ。

 

マトリックス似た感じですが、こちらは「機械世界への参加」だ。

コンピューター世界の中はどうなっているのか「自由」なのか。

もともとCG技術の革命的、先駆的、実験的作品の「TRON

の続編。

今ではごりごりにCGやVFXを使えるのでちょっと感覚は違う。

実は前作ほのが奇妙で面白い。

これを初めて見た人はどう思っただろうか。

なんかこう、無機質の世界観を上手に利用してますね。

「コンピューター」っぽい感じ。

 

 

 

6.リディック

 

 

敵がゴリゴリ。

 

銀河最強の男「リディック」が自身の名前を冠にした映画が登場。

もともと「ピッチブラック」で活躍した囚人が帰ってきました。

さらにこの続編「ギャラクシーバトル」も登場し、大人気のキャラクター。

ピッチブラック」も「ギャラクシーバトル」も実はこじんまりした内容でいいのですが、この作品は壮大でゴリゴリのSF作品です。

 

あと、巨大な建物とか敵がなんとなくセンスがなくていいですね、倒したくなります。

 

 

7.フィフスエレメント

 

 

世界観がゴリゴリ。

 

小難しい話の中にストレートな主人公がいる。

これがゴリゴリSF映画の醍醐味です。

ただのタクシードライバーが壮大な事件に巻き込まれる。

ユーモアや変わったアイデアが詰まった最高の作品です。

ブルースウィルスがいればもう安心。

ミラジョボビッチの衣装、青いオペラ歌手の歌、ゲイリーの髪型。

個性が爆発。

 

 

 

8.オブリビオン

 

 

どんでん返しがゴリゴリ。

 

SF作品によく出るトムクルーズ

近未来ガジェットが似合いますね。

住めなくなった地球を浄化し、それを見守っている。

まだいる異星人を監視し倒している。

でも・・・

「見ちゃいけない」「行っちゃいけない」ってルールはやはり疑うべき。

あの変なヘリに乗りたい。

 

 

 

9.E/T エクストラテレストリアル

 

 

掘り出し物のゴリゴリ。

 

最初はただのB級ハンドカメラ映画かと思ったんですよ。

でも、思ったより規模の大きい話にびっくり。

掘り出しものでございます。

そもそも、「ET」っぽいジャケットが胡散臭い。

なのであまり見た目にとらわれず見ることをおすすめします。

 

 

 

10.パンドラム

 

 

宇宙船がゴリゴリ。

 

残りの人類を乗せた文字通り「箱舟」だ。

その中で起こる出来事はその中でしか解決できない。

救助も援軍もこない。

それがわかっている絶望的状況で襲われたらどうする。

負ければ人類が滅亡。

 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

たまにこう無性に機械まみれの世界が観たい時ってありますね。

そんな時は参考にしてみてください。

 

静かなSF作品が観たい人はこちらがおすすめです。

 

おすすめ派手じゃないSF映画10選

おすすめSF映画10選

 

ほかにもいろいろなテーマで映画を紹介しています。

 

 

 

 

 

 

 

番外編

バトルフィールドアース

 

 

ゴリゴリの問題作。

 

西暦3000年なんで許してください。

でも、たまらなく面白いんですけどね。

大コケしたのも理解できますが、いいんです、それで。

なんかこう、濃いんですよ。

テレビで放送しているのを見るのがちょうどいい感じ。

多分、レンタルになっていないと思います・・・